保育士になって子供に携わる【通信資格取得術】

保育士資格の二通りのとり方

子供にかかわる仕事がしたいという人で、保育士資格を取ろうと思う人がいます。資格の取り方には主に二つあります。 一つ目は、四年制大学、短期大学、専門大学などに通い、保育士資格取得を目指す方法です。 二つ目は、通信教育や販売されているテキスト本などを使い、独学で保育士資格取得をとる方法です。 現在はどちらもよく使われる方法です。ですが、基本的に学生などが保育士を目指す場合は、大学などに通い、取得する人が多いです。また、子育てがひと段落し、子育てで得たスキルを仕事で使いたいという人もいます。そういう人は、家で通信教育により取得を目指すという人が多い傾向にあります。 これからは、通信教育で、一度子育てなどで仕事をしなくなった人が、保育士資格を取るというケースが、増えてくるでしょう。

取得方法別によるメリットとデメリット

二通りの取得方法には、それぞれにメリットとデメリットがあります。 まず、大学などに通う方法では、しっかり勉強をする環境が整っています。教師も資格取得について教えている分詳しい事も教えてくれます。また、一定の単位をとれば資格取得ができます。このことが主にメリットとして挙げられます。デメリットは、経済面での負担が大きいことです。大学に通うとなると、一年で約百万円、資格取得には二年はかかるので、最低二百万はかかるでしょう。 通信教育になると、自分の能力によって、かかる時間やお金を大幅に削減できます。また、家でできる手軽さが、子供を持つ主婦などに人気です。 デメリットは、独学による勉強のため、取得は自分の能力と努力しだいだということです。 自分にあった取得方法を選んで、資格取得を目指しましょう。