髪の悩みに付いて自毛植毛が解決|豊かな髪を形成する

譲れない部分と許容範囲と

自毛植毛は手術費用こそ100万円近くかかるものもあります。しかしこの初期投資さえすれば、その後の人生において、髪の悩みから永久に解放されると言っても過言ではありません。かつらや人工毛の植毛と違って、ばれるのではないかと言った心配もいりません。何しろ本当に自分の髪です。色も太さも全部自分のものです。 自毛植毛は後頭部や側頭部の強い髪を毛包ごと採取し、気になる部分に移植します。たとえ髪がすでになくなっている前頭部に移植したとしても、後頭部の性質のまま生え続けます。もちろん自然に脱毛もします。そして自然に又生えてきます。年をとれば自然に白髪になるでしょう。 自毛植毛の手術は、さまざまな手法が開発されています。クリニックによって採用する手術法が異なります。それぞれの方式にはメリット、デメリットがあります。自分が譲れない部分と、許容範囲だと思える部分を見つけると、どの手術方式にするか、決めやすいでしょう。手術法式が決まればクリニックを絞り込むことも容易です。

クリニックを何軒か絞り込んで相談してみてください

自毛植毛の手術法は、後頭部や側頭部の毛包を採取し移植する、と言う点ではどれも同じです。移植後の定着率は、どれも軒並み高水準です。 採取の仕方は手術法によって異なります。簡単に言えば面で採取するか、点で採取するかです。そして人が移植するか機械が移植するかでも術式名が異なります。 面で採取すれば、一度に大量の移植ができますが、切り取った面に傷が残ります。点で取れば傷は目立ちませんが、一度で採取できる量に限りがあります。 クリニックを決める時には、自分がかけられるお金と時間を考えてみるといいでしょう。そして実際にクリニックに何軒か相談に行ってみてください。傷がどの程度残るのか、1度の手術なのか複数回必要なのか、などじっくり話を聞くことで自分にあったクリニックを見つけることができるでしょう。 インターネットの比較サイトに、クリニックごとの術式一覧もありますので、参考にしてみてください。